初心者のためのネットオークション偽円銀判別講座

 

近代銀貨の代表的な存在である一円銀貨、ネットオークションが発達して、気軽に、手間をかけずに入手できるようになりましたが、初心者の方にとって最初の壁は贋作ではないでしょうか。ここではネットオークションに出品されている偽円銀の簡単な見分け方をご紹介します。

※あくまで初心者が対象なので、突っ込んだ質問はご遠慮願います(^_^;

 

贋作とか参考品とか呼ばれていますが、はっきり言えば偽物という事です。ネットオークションにもかなり多く出品されており、良心的な出品者は「参考品」「偽物」と記載していますが、「よくわからないので・・・」という出品にはかなり多くの偽物が混ざっていると考えていいでしょう。ですが、そういった出品に高値で応札している方が多いのに驚かされます。また、偽物の事実を知りながら、「よくわからないので・・・」と出品している確信犯が多いのも事実です。しかし、ある程度の知識があれば100%ではありませんが、偽物を高値で買わされてしまう事を防ぐことができると思います。

掲載写真での見分け方

1.表面 偽物のほとんどはプレスではなく、鋳造されているため、真正品と比較して、肌(表面)がなめらかではなく、鋳物独特のブツブツした感じになっています。
2.図案 真正品とレイアウトが違っていたり、縁の部分が厚かったり、一見して違和感があります。また、図柄のキレが甘かったり、葉脈がボヤけて見えるものが多いです。
3.比較 ネットオークションには信頼できる業者さんの出品も多く、そういった方の掲載写真と比較するのも有効な方法です。

ある程度詳細な写真が掲載されていれば↑の判別方法でほぼ判断できます。

 

送られてきたけど怪しい・・・という方は↓へ

実物での見分け方

1.重さ 偽物の多くは真正品の重さと違う物がほとんどなので、重さでの判定はかなり有効です。が、使う鋳型によってはほぼ同じ重さの物も出来てしまうので、重さだけで100%は判断できません。
2.直径 偽物は直径もバラバラです。が、重さと同じく、バラバラゆえに、ほとんど同じ大きさに出来上がってしまう物もあります。
3.ギザ これは非常に有効です。円銀のギザは年銘によって、数が決まっています。ですので、数を数えると、ほぼ100%?判断できます。ギザ数は古銭関係の本で記載のある物を参考に。また、ギザの間隔がバラバラであったり、ギザの長さが不均衡な物は、まず偽物でしょう。

 

お断り:上記はネットオークションによく登場する某国製(o^^o)♪の鋳物円銀の判定方法です。この手の偽物は上記の判断方法で十分かと思いますが、精巧な偽物も存在しており、上記の判別方法では判別不可能な物も存在します。また、古銭界には偽物という表現が好ましくないケース(ファンタジー等)もありますが、ここで取り上げた偽物=某国製鋳物円銀という事で御理解下さい。