ちょっと得するお金の話

 

ちょっと得する(かもしれない)お金に関してのお話です。

これらは流通過程で見つける事はほとんどありませんが、少ないだけにプレミア

がついたりしています。見つけたらオークションへ出品してみては?

 

現行貨幣で最もレアと言えば昭和62年の50円硬貨でしょう。この昭和62年の50円硬貨は一般には流通していません。大蔵省が毎年発行しているミントセット(その年発行された貨幣のセット)とプルーフミン トセット(貨幣のセットですが、特殊な加工(二度打ち・鏡面仕上げ)がしてあります)にしか入っていません。この硬貨の発行数はわずか77万5千枚、カタログ価格では未使用のプルーフ(鏡面状)で25,000円も します。流通品から見つけるのは至難の業ですが、流通品の中から見つけたという話を時々聞きます。
昭和32年5円黄銅貨です。文字がゴシック体ではなく、楷書体(通称:フデ五)の5円です。この5円は私も流通品で見つけた事があります。カタログ価格は流通品の左のような状態で1000円です。探せば見つかるかもしれませんよ。ただし確率としては10万円を全部5円にくずして1枚あるかないか?でしょう。発行枚数1000万枚。
これはみなさんも知っているかもしれませんが、昭和33年の10円玉です。今の10円とはちょっと違い、周りにギザギザがついています。このギザギザの付いている10円を通称ギザ10と呼びます。コインショ ップでは1枚100円〜200円で販売しています。発行枚数2500万枚。最近テレビで放送されたらしいのですが、昭和26年の10円は流通品でも数千円の価値、といった情報は大間違いです。ごく微量の金が含まれていますが、貴金属的価値もありません。
これが意外な狙い目です。昭和60年、昭和61年の50円硬貨は発行枚数も少なく、すでにコインショップでは1枚500〜600円(未使用品)ほどで売られているところもあります。流通品でもカタログ価格は150円。最近流通品で見かけなくなりました。昭和60年の発行枚数は1015万枚、61年は996万枚。
昭和62年の500円硬貨、発行枚数は277万5千枚。これも流通品ではほとんど見かけません。カタログ価格は未使用品で3000円、流通品で1500円です。
S64-500.jpg (23665 バイト) これがちょっと以外!昭和64年(実質7日しかなかったんでしたっけ?)だから数が少なくて超希少だと思っている方も多いんですが、実はそれほど希少品でもないんです。500円硬貨の発行枚数は1604万2千枚。確かに他 の年に比べると少ないですが、コインショップでは未使用品で額面の買い取りでしょう。
H11-1-2.jpg (27261 バイト) 平成12年の1円、5円、50円硬貨は更に少なく、50円は702万枚、5円は903万枚、1円は1202万枚です。特に同じ年号が50枚入った銀行ロールは稀少で、一時相場は下降しましたが、再度上昇に転じ、平成13年、14年に比べ高値で取り引きされています。
h13-50.jpg (9849 バイト) 平成13年も1円、50円、100円それぞれ802万枚と、いわゆる特年となりました。新500円硬貨の製造で他に手が回らないという話です。
14-100.jpg (33066 バイト) 平成14年も特年が存在します。1円966万枚、50円1166万枚、100円1066万枚です。

参考:独立行政法人造幣局 年銘別貨幣製造枚数

http://www.mint.go.jp/data/page01-1.html

 

番外編

h8-50.jpg (11382 バイト) 平成8年50円硬貨未使用クラスです。見てすぐ分かりますね。穴ズレエラーと呼ばれる物です。これはこのHPを見た方から譲っていただいたものです。よく見ると少しズレてるかな?程度の小穴ズレは流通品でも時々ありますが、ここまで見事にズレているものは貴重ですし、近年物の、更に未使用クラスとなると大変貴重です。相場はあってないような物ですが、欲しい方は10万出しても欲しいと思います。譲って下さった方はなんと!お釣りでもらったそうです。誰でもチャンスはありますよ。
gun10.jpg (57718 バイト) 軍用手票丙号10円です。ご覧のように裏面緑の部分の印刷が抜け落ちています。表面は印刷されていますので、表面を先に印刷し、裏面茶色の印刷が終わった後、紙にシワができて最後に印刷する緑部分が抜け落ちた物と考えられます。1本筋のような抜け落ちは当時の物に稀に見受けられますが、ここまでハッキリ抜け落ちているのは珍しいと思います。譲って下さった●●様、ありがとうございました。コインばかりでなく、紙幣もよく見てみましょう。思わぬ珍品がGETできるかもしれませんよ。

 

注:カタログ価格と実際に取り引きされている価格は違います。物によって違いますが、カタログ価格の

半分〜70パーセント程度が多いようです。

お金の話トップへ戻る